ヒルトン大阪エグゼグティブラウンジ体験記

ヒルトン

ヒルトンのフラッシュセールを利用して、ヒルトン大阪のキングエグゼクティブルームに宿泊した。その際、エグゼクティブラウンジを利用したので、レポートする。

エグゼクティブルームの最大のメリットは、エグゼクティブラウンジを利用できること。特にアフタヌーンティーのケーキとイブニングカクテルのアルコールや軽食が魅力的になっている。(朝食なしのプランでも、エグゼクティブラウンジで朝食を食べられるというのもメリット)

エグゼクティブラウンジの概要

ヒルトン 大阪のエグゼクティブラウンジ

ヒルトン大阪のエグゼクティブラウンジは、ホテルの3階にあり、商業施設にも隣接している。1階や商業施設から直接入ってこれる。

また、たまたまかもしれないが、土曜の宿泊にも関わらず、ラウンジの利用者は少なかった。

エグゼクティブラウンジの対象者

エグゼクティブルームを利用できるのは以下の2種類の宿泊者のみ。

・エグゼクティブルーム、スイートルームの宿泊者
・ヒルトンHオナーズ ダイヤモンド会員の宿泊者

ドレスコードはカジュアルすぎない服装となっている。

エグゼクティブラウンジの利用時間

エグゼクティブラウンジの営業時間は6:45~21:00。

そのうち、朝食、アフタヌーン、カクテルタイムの時間は以下の時間になっていて、アフタヌーンティーからイブニングカクテルの時間までに空き時間はない。
・朝食/6:45~10:30
・アフタヌーンティー/15:00~17:30
・イブニングカクテル/17:30~19:30

チェックインからエグゼクティブラウンジへ

ホテルには少し早めに到着したが、すでに部屋の準備ができていたためすぐにチェックインすることができた。そのため、少し部屋でゆっくりしてからエグゼクティブラウンジのティータイムに開始と同時に行くことができた。

ヒルトンお台場のエグゼクティブルームは高層階だが、エグゼクティブラウンジは3階のためエレベーターで3階に向かう。

ラウンジ階のエレベータを降りたところ
ラウンジ階のエレベータを降りたところ

エレベータを降りてまっすぐ進むと、開放的な感じのエグゼクティブラウンジの入口に到着する。

エグゼクティブラウンジ入口
エグゼクティブラウンジ入口

エグゼクティブルームは和を取り入れた感じだったが、ラウンジはおしゃれな感じ。

エグゼクティブラウンジ内
エグゼクティブラウンジ内

ラウンジはこんな感じで、細長い造りになっている。左となりは結婚式会場のため、少し騒がしい。ティータイムの時間はあまり人がいないので、ほとんど貸切状態だったりする。

エグゼクティブラウンジのサービス

アフタヌーンティー

到着時には、すでにアフタヌーンティーの時間が始まっていたため、ケーキなどが用意されていた。

デザートは抹茶とチョコ+ベリーのマカロン、ジャスミンパンナコッタとマンダリオンオレンジとカモミールのゼリー、チョコレートのムース、ベリー入りのミニシュークリーム、チェリー入りチーズケーキ。

サンドイッチはエッグとベジタブルのライブレッドサンドイッチとブリーチーズ、ブロシュートコットとルッコラサンドイッチの2種類。

他に海老せんべい、ナッツ、チョコチップやオートミールといちじく入りやその他のクッキー、SOYジョイなど。

チョコムースは結構甘いが、他は控えめな甘さ。特にチーズケーキとゼリーは爽やかな甘さといった感じで何個でも食べたいくらい。

紅茶各種に、エスプレッソマシンはカフェラテ、エスプレッソ、カプチーノ、アメリカン、ブラックなどの定番に、モカ、チョコレート、抹茶が選択できる。

ソフトドリンクはこちらはカナダドライのトニックウォーターとクラブソーダ、ジンジャーエール、コカコーラ、コカコーラゼロ、セブンアップ、ファンタグレープ、ファンタオレンジが置いてある。

ジュース類はオレンジ、アップル、パイナップル、牛乳、アイスコーヒー、緑茶で、定番のトマトジュースやグレープフルーツジュースがなく、冷たい緑茶やパイナップルジュースがあったりする。

ティータイムの時間帯を通してそんなに人はおらず、ゆっくりできる。

ティータイム時の様子
ティータイム時の様子

これだけ揃っていると、外でコーヒーなんて飲んでないで、ホテルでゆっくりしたいところだと思う。

イブニングカクテル

イブニングカクテルの開始は17:30からだが、ほとんどラウンジには人がいない。たまたまなのか18時すぎても人はまばらなのが、他のラウンジとは違うところ。土曜日のラウンジだが、週末は人がいないのだろうか?

本日の料理はこんな感じ。

かぼちゃホモス、野菜スティック、パン3種、クラブケーキ(蟹の揚げ物)、キノコのキッシュ、ひろうすの煮物・枝豆餡。

また、定番のタコスチップにクラッカー。それとセルヴェルトカニュ・スモークサーモン添え、5種のチーズ、ローストビーフ・ディルピクルス・ケッパー・マスタード赤ワイン酢などのアラカルトと、ハイビスカスとライチのゼリー。

充実していたのがデザート類。ケーキが季節のフルーツ入りタルトとラズベリースフレチーズケーキの2種にアフタヌーンティーから引き続きマカロン、チーズケーキ、シュークリームが用意されている。

また、フルーツもメロン、キウィ、オレンジ、パイナップルにドラゴンフルーツまである充実ぶりだった。

アルコールのうち、ビールは定番のハイネケンとASAHIスーパードライ、他にスーパードライブラック。また、赤白のワインにシャンパンや焼酎などもある。

ひろうすの煮物・枝豆餡はダシがよく効いているし、ローストビーフ・ディルピクルス・ケッパー・マスタード赤ワイン酢も名前からはよく分からないが、ローストビーフとは別のものとして美味しかった。

予想外だったのは、イブニングカクテルもほぼ最後まで閑散としていたこと。

イブニングカクテルの様子
イブニングカクテルの様子

感想

ヒルトン大阪のエグゼクティブラウンジは、特にデザート類が充実しているのと、ソファー席が多くラウンジとしての居心地は良かった。

ただ、大阪駅前の商業ビルに囲まれているため、眺望という点ではあまりよくなく、商業施設や結婚式場と隣接しているため、昼の時間帯は外の声が聞こえてくることもあるなどがあった。

もっとも、利用者はビジネスや観光の拠点として利用すると思うので、大阪駅、梅田駅に隣接していて利便性は良い。